宇宙戦艦ヤマト2202 第二章 発進篇

宇宙戦艦ヤマト2202 第2章 発進篇 動画

更新日:

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第2章 発進篇 キャスト・作品情報

【作品情報】

  • 動画タイトル:宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第2章「発進篇」
  • 収録時間:96分
  • 製作年/製作国:2017年/日本
  • 配給会社:松竹メディア事業部
  • 監督:羽原信義
  • 脚本:福井晴敏、岡秀樹
  • 原作:西崎義展
  • 製作:XEBEC
  • 総指揮:西崎彰司
  • 音楽:宮川彬良、宮川泰

【キャスト/役名】

  • 小野大輔/古代進
  • 桑島法子/森雪
  • 鈴村健一/島大介
  • 大塚芳忠/真田志郎
  • 麦人/徳川彦左衛門
  • 千葉繁/佐渡酒造
  • 田中理恵/山本玲
  • 久川綾/新見薫
  • 赤羽根健治/南部康雄
  • 國分和人/相原義一
  • 千葉優輝/太田健二郎
  • 内田彩/岬百合亜
  • 中村繪里子/桐生美影
  • 森谷里美/西条未来
  • 津田健次郎/榎本勇
  • 土田大/山崎奨
  • 石塚運昇/土方竜
  • 東地宏樹/斉藤始

 

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第2章 発進篇 あらすじ

謎めいたガミラスの青年キーマンに誘われ、月面でガミラスの大使バレルと面会した古代は、惑星テレザートとテレサの物語を聞かされる。地球に戻った古代は「コスモリバースシステム」がもたらした負の遺産の存在を知り、テレサから送られてきたメッセージに応えるべきと訴えかけるが、地球政府の上層部は掛け合ってくれない。発進許可が得られないヤマトだったが、古代とクルーたちは、反逆と捉えられても仕方のない独断で、出航を決意する。

 

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第2章 発進篇 感想

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第2章 発進篇」を見た感想ですが、不思議なもので、ヤマトが発進するシーンはいつ何度観てもグッとくるものです。

宇宙戦艦ヤマト2202シリーズでは「さらば宇宙戦艦ヤマト」同様、海中から発進するシーンが見事に再現されています。

宮川さんの曲に乗って浮上するヤマトの姿には心踊らされると同時に、前回以上にハードな航海が予想されyr不安も感じさせられるものです。

もうひとつ、個人的に好きなシーンが、第2章発進篇で再現されています。

「さらば宇宙戦艦ヤマト」では、地球の目前にまで接近した白色彗星に降伏を迫られる中での少年の一言、

「ねぇ、ヤマトはどうしたの?ヤマトなら、あんなのやっつけちゃうよね」

というセリフで周囲の大人たちを勇気づけるシーンでしたが、第2章発進篇では第十一番惑星でガミラス人の少女が、似たような言葉を発しています。

さらに、第2章発進篇で印象的だったのが十一番惑星で、クリスマスを控えた人々の前に斉藤始がツリーを抱えて周囲を喜ばせるシーンでした。

猛者ながらも人情味のある人柄が感じられてよかったです。

第2章発進篇からはもうひとつ、気になる言葉が出てきます。

「アケーリアス」という言葉なのですが、古くからヤマトを知る人にとっては、どうしても「水惑星」を連想してしまいますね。

-宇宙戦艦ヤマト2202 第二章 発進篇
-

Copyright© 宇宙戦艦ヤマト 動画 , 2019 AllRights Reserved.